乾燥フルーツ

乾燥フルーツ

乾燥柿の葉の作り方ともどし方

四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ...
乾燥フルーツ

柿の干し皮の作り方ともどし方

柿の皮の部分にはさらに実よりも多くのビタミンCが含まれ ており、コラーゲンの生成を助ける美肌効果や二日酔いにも 良いとされています。
乾燥フルーツ

干しきんかんの作り方ともどし方

きんかんは小さい実にたくさんの栄養成分が詰まっています。 金柑の皮には含まれるヘスペリジンにはビタミンの吸収を促 す作用があり老化予防や生活習慣病予防などを助けます。
乾燥フルーツ

ドライローズヒップの作り方ともどし方

ローズヒップ (rose hip) とはは、バラの花が終わったあとに 出来る果実のことでビタミンCやミネラルが豊富に含まれてお りハーブティに利用されるほかサプリメントやスキンケアなど に持ち入れられています。
乾燥フルーツ

ドライバレンシアオレンジの作り方ともどし方

ドライバレンシアオレンジ(Valencia Orange)はカリフォルニア 州のサンタアナ柑橘類の一種でオレンジの中でも最もなじみの深い 種類です。 ビタミンCやカロチンが豊富で甘みもありフレッシュジュースとし て飲まれることが多い果物です。
乾燥フルーツ

干しドラゴンフルーツの作り方ともどし方

ドラゴンフルーツにはポリフェノールの一種、ベタシアニン が豊富に含まれており老化を予防するアンチエイジング効果 も期待されています。 乾燥することで紫色に代わり甘みがぎゅっと凝縮されます。
乾燥フルーツ

ドライカシスの作り方ともどし方

カシスには色素のポリフェノール成分、アントシアニンという 成分が多く含まれており目の網膜視細胞に必要なロドプシンの 再合成を促進する働きがあると言われています。
乾燥フルーツ

ドライざくろの作り方ともどし方

ざくろには石榴には女性ホルモンと同じ働きをするエストロジンが 含まれており更年期障害などの緩和に役立ちます。 生ではもちろん食べられますが乾燥すると保存が効くのでお すすめです。
乾燥フルーツ

ドライブルーベリーの作り方ともどし方

ブルーベリーにはビタミンEが豊富に含まれており老化 を防ぐアンチエイジング効果や美白効果も期待されています。 生のブル―ベリーは乾燥することでさらに旨みが凝縮されま す。
乾燥フルーツ

ドライライムの作り方ともどし方

ライムは、熱帯地域を原産とする低木になる果実で柑橘類の ひとつです。 緑色で形はレモンに似ていますがレモンよりやや苦みがあり カクテルや料理の付け合わせライムジュースなどに使用され ています。
タイトルとURLをコピーしました