乾燥フルーツ

乾燥フルーツ

ドライライムの作り方ともどし方

ライムは、熱帯地域を原産とする低木になる果実で柑橘類の ひとつです。 緑色で形はレモンに似ていますがレモンよりやや苦みがあり カクテルや料理の付け合わせライムジュースなどに使用され ています。
乾燥フルーツ

ドライパパイヤの作り方ともどし方

パパイヤは西インド、トルコなどを原産とするパパイア科の 常緑小高木の果樹です。 トロピカルな雰囲気漂うパパイアは日本では沖縄などで栽培 されています。
乾燥フルーツ

ドライクコの作り方ともどし方

クコの木は日本にも生息し秋に真っ赤な実をつけます。 生のクコが手に入ったら乾燥させてみましょう。
乾燥フルーツ

ドライプルーンの作り方ともどし方

プルーンは夏が旬の果物です。西洋スモモの総称ですが日本でも長 野県や北海道でも栽培されており季節になると店頭で手に入れるこ とができます。 生のままでも食べられますが乾燥させることによってお菓子やシロ ップなどさまざまな料理に利用できます。
乾燥フルーツ

ドライナツメの作り方ともどし方

ナツメはクロウメモドキ課の落葉高木の果実で夏に芽を出すこと から「ナツメ」と呼ばれています。 栄養効果が高く生薬としても利用されている他、乾燥させてお菓 子などさまざまな料理に使用できます。 生のなつめが手に入ったらドライナツメを作ってみましょう。
乾燥フルーツ

干しブドウ(レーズン)の作り方ともどし方

レーズンはドライフルーツのなかでもとくによく知られている果物 でパンや料理、ケーキのトッピングなどさまざまな料理に利用され ています。 栄養価も高くポリへのーるやアントシアニンが豊富に含まれていま す。
乾燥フルーツ

ドライイチゴの作り方ともどし方

いちごはビタミンCが豊富に含まれていることで知られています が乾燥することによってカルシウムや食物繊維が増加します。 旬のイチゴがたくさん手に入ったら是非ドライイチゴを作ってみ ましょう。
乾燥フルーツ

ドライキウイの作り方ともどし方

キウイはビタミンCが豊富な果物で知られていますがこのビタ ミンCは水溶性のため熱を加えることで失われてしまいます。 そのためドライみかんを作る際は熱を加えない天日乾燥がおす すめです。
乾燥フルーツ

ドライみかんの作り方ともどし方

みかんはビタミンCが豊富な果物で知られていますがこのビタ ミンCは水溶性のため熱を加えることで失われてしまいます。 そのためドライみかんを作る際は熱を加えない天日乾燥がおす すめです。みかんは乾燥することによってペクチンが増えます。
乾燥フルーツ

ドライレモンの作り方ともどし方

レモンはビタミンCの豊富な果物ですが熱を加えることによって 失われてしまいます。 そのためドライレモンづくりは熱を加えない天日乾燥がおすすめです。 またビタミンCは皮の部分のほうがたくさん含まれています。 無農薬のレモンが手に入ったら皮も刻んで干してみましょう。
タイトルとURLをコピーしました