梅干しの作り方と干し方

乾燥食材
Pocket

四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによって旨みが凝縮し栄養価も高まる利点もあります。
是非あなたも自家製の干し野菜やドライフルーツをを作ってみませんか?

 

梅干し(うめぼし)とは、ウメの果実を塩漬けした後に日干し
にしたものです。
古くから日本中で保存食であり健康食品としても利用されてき
ました。
梅酢に含まれる梅ポリフェノールには強い抗酸化作用があり活性
酸素を除去する働きがあるためアンチエイジング効果も期待され
ます。
日本人にとってソウルフードでもある梅干しは店頭でも簡単に
手に入れることができますがやはり保存料などの添加物もない
手作りの梅干しは最高です。
初夏に梅を手に入れることができたら是非自家製梅干しを漬けて
みましょう。

  梅干しの漬け方

作り方
材料
黄熟した梅       1㎏
天然塩         180g

赤紫蘇         150g

作り方

①黄熟した梅のヘタを取りきれいに洗います。
②漬け込む瓶や容器を熱湯消毒しホワイトリカーをかけて
洗います。
③容器に梅と塩を交互に入れていきます。

④梅酢が上がってきたら瓶を少し傾け全体に回るようにしすっ
かり漬かるまで冷暗所に保存します。

 

紫蘇を入れる

①赤しその葉を洗って水けを切り塩でしっかりもみます。
濁った水が出てくるので絞って水を捨てます。
梅干しの上にかぶせます。

 

 

スポンサードリンク




 

  梅干しの干し方

梅干しは土用に3日3晩干すと昔から伝えられています。
土用の時期が雨が少ない為だと思われます。
雨は厳禁なので天気の続く日を選びましょう。

①塩漬けにしておいた梅を取り出します。
②ザルに水分を切った梅干を並べます。
(くっつくのが気になるときはクッキングペーパーを敷き
ます)

③残った紫蘇も並べて一緒に干します。
④表面が乾いてきたら裏返し両面万遍なく乾燥させます。
⑤密閉容器にいれて保存します。


(梅を取りだした後の梅液は瓶などに詰めて保存し梅シロップや
梅酒漬けなどに利用します。)

※そのままでも

広い庭やベランダでもないと梅干しを広げて干すのは大変
かもしれません。
好みですが筆者は実は最近は干さずに漬け込んだまま必要
な分だけ小瓶にうつして利用しています。

 

  天日干しのポイントは

◆鳥などにとられないようにする。
甘いものや鳥の好物のものは蓋つきや干し野菜用ネット
に入れて干しましょう。
◆カビに注意。
自然乾燥のもっとも気を付けたいことはカビを防ぐこと
です。
予報などに気を付けてでも天気が続く日を選びます。
雨に濡らさないようにし夜は取り込みましょう。

 

  梅干しの効果・効能

● 疲労回復
● 二日酔い予防
● 整腸作用
● 便秘解消
● 殺菌作用
● 生活習慣病予防
● 鎮痛効果
● 乗り物酔い予防
● 口臭予防
● 美肌効果
● 食欲増進
などの効能が期待されています。

 


 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラスで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できると言われています。ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブ「ステビア」の効果・効能
ステビア(Stevia)は南アメリカを原産のキク科の多年草です。総丈は1m近く伸び夏から秋にかけて白い小さな花を咲かせます。甘味料として知られておりその甘さは砂糖の200倍ともいわれています。そのため単独でティーとして飲むことは少なく他のテ
健康茶「サラシア茶」の効果・効能 | 健康習慣
サラシア茶に使用するサラシアはインドやスリランカ などに自生する蔓植物です。 サラシア茶は糖尿や肥満に効果があるとされていましたが 2002年にWHOで糖を分解するサラシアの効果が認定され 注目されました。
ピーマンの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ピーマンはビタミンCを豊富に含みその含有量は野菜な中でもトップクラスと言われています。風邪予防や、美肌効果がありアンチエイジング効果も期待されます。
ココナッツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ココナッツに含まれるケトン体には活性酸素を除去する働きがありアンチエイジング効果や生活習慣病予防に効果が期待されます。また中鎖脂肪酸が含まれているのも特徴で、体内の脂肪を効率的に分解する働きがあるためダイエットなどにも効果を発揮してくれます
おいしくて簡単「ゴボウ」の松前漬けを漬けてみよう!!
ゴボウの中含まれる、ポリフェノールサポニンには優れた抗酸化作用があり細胞の劣化を遅らせ肌をきれいに保つことでアンチエイジングの効果が期待できます。またゴボウには含まれるサポニンには血液を浄化する作用もあり血液の流れがよくなることで冷え性の改

 

スポンサードリンク



タイトルとURLをコピーしました