乾燥食材

山クラゲの干し方ともどし方

茎くらげとはステムレタスを乾燥させたものを言います。 ステムレタス (stem lettuce) は中国を原産とするキク科ア キノノゲシ属の野菜で茎レタスとも呼ばれています。 乾燥させた山クラゲはコリコリとした食感が好まれナムルや煮物などに利用されます。
乾燥野菜

干しさつま芋の蔓の作り方ともどし方

さつま芋の蔓サツマイモ茎で普段は捨ててしまうことが多い 部分ですがシャキシャキした食感でとてもおいしいです。 生でも湯がいて食べられますが乾燥させておくと保存がきき また違ったおいしさが味わえます。
乾燥食材

干し山椒の作り方ともどし方

サンショウ(山椒)はミカン科サンショウ属の落葉低です。 若葉は「木の芽」「ハジカミ」とも呼ばれます。 シトロネラールという成分が含まれピリッとしたしびれる ような辛みがあり、和風料理の飾りや香りづけとして使わ れています。 乾燥して粉にしておくといつでもスパイスとして使えて重 宝します。
乾燥ハーブ

ドライマジョラムの作り方ともどし方

マジョラム(marjoram)はシソ科の多で和名はマヨラナと呼 ばれ香辛料や精油として用いられています。 気持ちをリラックスさせ落ち着かせる効果や健胃作用があり 「長寿のハーブ」とも伝えられています。 生のマジョラムが手に入ったらドライマジョラムにしておくと いつでもほしい時にサッと使えて重宝します。
乾燥野菜

干しずいきの作り方ともどし方

芋茎(ずいき)は、サトイモやハスイモなどの葉柄で乾燥させ たものは芋がらと呼ばれています。 赤ズイキと白ズイキがあり赤ズイキにはアントシアニンが豊富に 含まれており疲れ目防止などの効能があると言われています。 ミネラルが豊富で生のものはアク抜きをして和え物や酢物など にし、干したものは煮物などにして食べられています。
乾燥食材

干し落花生の作り方ともどし方

落花生(ラッカセイ)はマメ亜科ラッカセイ属の一年草で 南京豆やピーナッツとも呼ばれています。 千葉県の日本一の生産量を誇り、抗酸化作用が高く生活習 慣病の予防やアンチエイジング効果も期待されています。
乾燥ハーブ

ドライタンポポの根の作り方とタンポポ珈琲の淹れ方

タンポポ(蒲公英)は、キク科タンポポ属の多年生植物です。 根が強くも荒地などでも生育する強い生命力があります。 タンポポ根にはビタミン類やミネラルが豊富で根を焙煎した タンポポ珈琲はカフェインがなく妊婦さんの間でも好評です。 タンポポの根が手に入ったら自家製タンポポ珈琲を作ってみ ましょう。
乾燥ハーブ

ドライタイムの作り方ともどし方

タイム(thyme) はシソ科の芳香がある多年生植物です。 ハーブの中でも人気が高く肉類やシチューなどの香り成分と してさまざまな料理に使われています。 タイムに含まれるチモールという成分には強い殺菌作用や抗 菌作用があります。 生のタイムは日持ちが効かないので手に入ったらドライドラ イタイムにしておくといつでもほしい時にサッと使えて重宝 します。
乾燥ハーブ

ドライカモミールの作り方ともどし方

カモミール(chamomile)はキク科の一年草で花にほのかに リンゴの香りがあります。 栄養価も高く婦人病に効能があるハーブティーとしても古く からヨーロッパを中心に愛飲されてきました。 生のカモミールが手に入ったら是非乾燥させて自家製のカモ ミール茶をつくってみましょう。
乾燥野菜

干しゼンマイの作り方ともどし方

ゼンマイ(薇)は、ゼンマイ科の多年生のシダ植物で若い 葉を山菜として佃や煮物などで食べられています。 ビタミンやミネラルの他、抗酸化作用のあるビタミンCや E、β―カロテンも豊富に含まれています。 アクが強いので乾燥させるときはゆでてから干します。
タイトルとURLをコピーしました