ドライローリエの作り方ともどし方

乾燥ハーブ
Pocket

四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。
これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。
野菜や果物には乾燥することによって旨みが凝縮し栄養価も高まる利点もあります。
是非あなたも自家製の干し野菜やドライフルーツをを作ってみませんか?

 

ローリエとは

ローリエ(laurier)は、地中海沿岸を原産とする月桂樹の葉です。
乾燥させてカレーやポトフなどの煮込み料理の香辛料として利用されています。

ローリエには臭みをとる効果の他、血行をよくする効果や鎮痛効果があると言われています。
乾燥させた商品は手軽に手に入れることができますが生の月桂樹の葉が手に入ったら乾燥させてみましょう。

 

  ドライローリエの作り方


①ローリエの葉は1枚ずつ枝から切り離しきれいに洗って水分をキッチンペーパー等でしっかり拭き取ります。
②ざるなどに、重ならないように並べて天日干しします。
③からからに乾いたら清潔な瓶などに保存します。

 

天日干しのポイントは

◆鳥などにとられないようにする。
甘いものや鳥の好物のものは蓋つきや干し野菜用ネットに入れて干しましょう。

◆カビに注意
自然乾燥のもっとも気を付けたいことはカビを防ぐことです。
予報などに気を付けてでも天気が続く日を選びます。
雨に濡らさないようにし夜は取り込みましょう。

 

スポンサードリンク




 

ドライローリエの戻し方

ローリエは特に戻す必要がありません。
煮込み料理などにそのまま使用します。

 

ドライローリエのレシピ

 

ローリエのハーブティの作り方

材料(2人分)
ローリエ 2枚
湯       400㏄

作り方
①ポットにローリエの葉を入れ熱湯をそそぎます。
②蓋をしたまま3分ほど蒸らします。

 

お手軽ポトフの作り方

材料(2人分)
じゃが芋        2コ
薄切りベーコン     4枚
玉葱          1コ
ウィンナー       5~6コ
キャベツ        2枚
乾燥ローリエ      1枚
水           500㏄
固形ブイヨン      1コ
粗挽き胡椒       適宜

作り方
①じゃが芋と人参は一口大、玉ねぎはくし形に切ります。
②鍋に水、ローリエ、ウィンナー、ベーコン、野菜を入れ火にかけます。
③沸騰したら火を弱めブイヨンを入れて煮込みます。
④野菜に火が通ったら粗挽き胡椒で味を調えて火を止めます。

 

ローリエミルクの作り方

材料(2人分)
牛乳      400㏄
ローリエ    2枚
蜂蜜      適宜

作り方
①小鍋にローリエと牛乳を入れ温めます。
②カップに注ぎ好みで蜂蜜等を入れます。

 

ドライローリエの効果・効能

● 抗リウマ作用
● 抗関節痛作用
● 消化促進
● 抗菌作用
● 抗炎症作用
● 抗ウイルス作用
● 駆風作用
● 去痰作用
● 髪を丈夫に保つ
などの効能が期待されています。

※妊娠中の人は使用を控えましょう。

 

 


こちらの記事もおすすめ

自家製 マルメロ酒の作り方と保存方法
マルメロ (marmelo) は中央アジアを原産とするバラ科マル メロ属の落葉高木になる果実でセイヨウカリンとも呼ばれ ています。 マルメロには疲労回復を助けるビタミンB1や抗酸化作用の あるビタミンB2やβ―カロテンも豊富に含まれおり栄養価 の高い果物で知られています。
健康茶「ユキノシタ茶」の効果・効能
ユキノシタ茶に使用するユキノシタは北海道以外ほぼ全国で見られる湿地の岩場などに自生するユキノシタ科の多年草です。 天婦羅や山菜として食用にされるほか昔から風邪や解毒剤などの民間薬としても利用されてきました。
チャーテ(ハヤトウリ)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チャーテは熱帯アメリカ原産のウリ科のつる性植物です。 西洋ナシのような形で中央に種があり皮をむいて食用にします。 アメリカではよく食べられるそうですが、日本ではあまりなじみ がないかもしれません。 高知県では漬物や炒め物にしてよく食べられチャーテと呼ばれて います。
梅の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
梅は、中国原産のバラ科サクラ属の落葉高木で、その果実 が食用になります。 青いものは毒性があり、生食はされず梅干しや果樹酒などに 加工されます。
おいしくて簡単「フキ」のちりめんふりかけを作ってみよう!!
フキは、キク科フキ属の多年草で、若芽の花茎を蕗の薹 と、成長した茎が食用になります。 茎には独特の苦みがあり、皮をはいであくを取ったあと 炒め物や煮物などに調理されます。
ハーブ「レモングラス」の淹れ方や、効能、育て方
レモングラスとは レモングラスは南インド、スリランカに自生するイネ科の多年草です。 細長いススキや、かやのような葉をつけ、シトラールが含まれているため指で少しこすってみるとレモンのような香りがします。 その香りからハーブティーやトムヤムクン

 

スポンサードリンク



タイトルとURLをコピーしました