干しずいきの作り方ともどし方

乾燥野菜
Pocket

四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。
これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。
野菜や果物には乾燥することによって旨みが凝縮し栄養価も高まる利点もあります。
是非あなたも自家製の干し野菜やドライフルーツをを作ってみませんか?

芋茎(ずいき)とは

芋茎(ずいき)は、サトイモやハスイモなどの葉柄で乾燥させたものは芋がらと呼ばれています。
赤ズイキと白ズイキがあり赤ズイキにはアントシアニンが豊富に含まれており疲れ目防止などの効能があると言われています。

ミネラルが豊富で生のものはアク抜きをして和え物や酢物などにし、干したものは煮物などにして食べられています。

 

干しずいきの作り方


①ズイキは葉を落とし皮をむきます。(あくが強いのでかぶれやすい方はビニール手袋などを使用しましょう。)
②茎の根元の太い部分に穴を開けひもを通します。
③軒下などの風通しの良い雨の当たらない場所にぶら下げて天日干しします。
④からからに乾いたら折りたたんで乾燥剤と一緒にジップ付きビニールなどに保存します。

 

天日干しのポイントは

◆鳥などにとられないようにする。
甘いものや鳥の好物のものは蓋つきや干し野菜用ネットに入れて干しましょう。

◆カビに注意
自然乾燥のもっとも気を付けたいことはカビを防ぐことです。
予報などに気を付けてでも天気が続く日を選びます。
雨に濡らさないようにし夜は取り込みましょう。

 

スポンサードリンク




 

干しずいきの戻し方

①干しずいきは食べる分だけ水で洗って15分ほど水につけておきます。
②鍋にお湯を沸かし5分ほどゆでます。

 

干しずいきのレシピ

 

ずいきの炒め煮

材料(2人分)

作り方
もどしたずいき      100g
油揚げ          1/2枚
出し汁           200cc
砂糖           大匙1
酒            大匙1
醤油           大匙1
だしの素         小匙1
油             大匙1

作り方
①油揚げは短冊に切りもどしたずいきは食べやすい大きさにカットします。
②フライパンに油を熱し油揚げと水けを切ったずいきを炒めます。
③だし汁と調味料を入れ煮汁がほとんどなくかるまで煮詰めます。

 

ずいきのみそ汁

材料(2人分)
もどしたずいき      1/2本分
水            400㏄
豆腐           適宜
味噌           大匙1
和風だしの素       小匙1

作り方
①茹でたずいきは2センチに切り、豆腐はサイコロに切ります。
②鍋にずいきと水とだしを入れ火にかけます。
③沸いたら火を弱め豆腐を入れ味噌を解き入れます。

 

ずいきとキュウリの酢の物

材料(2人分)
もどしたずいき       2本分
胡瓜            1本
塩             少々
簡単酢           大匙2

作り方
①戻して湯がいたずいきは絞っておきます。
②きゅうりは薄切りにして塩少々を振り揉んでから洗って絞ります。
③ボールに調味料を入れ混ぜ合わせきゅうりとずいきを加え和えます。

 

干しズイキの効果・効能

● 眼精疲労緩和
● 視力改善
● 便秘解消
● アンチエイジング効果
● 骨を丈夫に保つ
● 止血効果
● 骨粗しょう症予防
● 代謝の改善
● イライラ改善
などの効能が期待されています。

 

スポンサードリンク



 

 


こちらの記事もおすすめ

おいしくて簡単「生姜の甘酢漬け」を漬けてみよう!!
ショウガは、熱帯アジア原産のショウガ科ショウガ属の 多年草で、根茎の部分が食用にされます。 独特の辛みはショウガオールによるもので、香辛料や薬味 生薬などに活用されます。 日本では高知県のショウガが有名で様々な製品に加工され ています。
りゅうきゅうの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
りゅうきゅうはサトイモ科の常緑性多年草で正式にはハスイモ と呼ばれています。 イモではなく高く伸びた茎が食用になります。 野菜としてはあまりなじみがありませんが高知県や徳島県で は普通にあえ物や煮物、みそ汁などに調理され食べられています。
柿の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
柿は、東アジアが原産の、カキノキ科 カキノキ属 の落葉樹の一種で、熟した果実が食用になります。 柿には甘柿と渋柿があり、甘がきは生食されますが 渋柿は渋抜きをするか吊るし柿などにされます。
429 Too Many Requests
健康茶「ヤマモモの葉茶」の効果・効能
ヤマモモの葉茶に用いるヤマモモは中国原産の、ヤマモモ科の常緑樹で3~4月に小さな花を咲かせ初夏に濃い赤色の果実をつけます。 中国名は楊梅ですが、山に生え果実がモモににていることから、日本ではヤマモモと呼ばれています。
ハーブ「赤ブドウの葉」の淹れ方、効能、育て方
赤ブドウとは赤ぶどうは、ヨーロッパ、地中海などを原産とするブドウ科 ブドウ属のつる性落葉低木で英名 CommonGrape(コモン・グレープ)と呼ばれています。成分のアントシアニンには強い抗酸化があり目の健康やアンチイジングに良いということ
タイトルとURLをコピーしました