乾燥ハーブ

乾燥ハーブ

ドライタンポポの根の作り方とタンポポ珈琲の淹れ方

タンポポ(蒲公英)は、キク科タンポポ属の多年生植物です。 根が強くも荒地などでも生育する強い生命力があります。 タンポポ根にはビタミン類やミネラルが豊富で根を焙煎した タンポポ珈琲はカフェインがなく妊婦さんの間でも好評です。
乾燥ハーブ

ドライタイムの作り方ともどし方

タイム(thyme) はシソ科の芳香がある多年生植物です。 ハーブの中でも人気が高く肉類やシチューなどの香り成分と してさまざまな料理に使われています。 タイムに含まれるチモールという成分には強い殺菌作用や抗 菌作用があります。
乾燥ハーブ

ドライカモミールの作り方ともどし方

カモミール(chamomile)はキク科の一年草で花にほのかに リンゴの香りがあります。 栄養価も高く婦人病に効能があるハーブティーとしても古く からヨーロッパを中心に愛飲されてきました。
乾燥ハーブ

ドライローズマリーの作り方ともどし方

ローズマリー(rosemary)は、地中海沿岸を原産とするシソ 科の植物で和名はマンネンロウ(迷迭香)です。 主成分はロスマリン酸で抗菌作用があり、ローズマリーには 記憶力を高める効果や鎮静効果もあります。
乾燥ハーブ

干し山椒の実の作り方ともどし方

山椒には雄株と雌株の種類があり実が成るのは雌株のみです。 サンショオールとという成分からくるピリッとした辛さが好ま れ様々な料理に利用されています。 小粒ながら栄養価が高くビタミンやミネラルの他抗酸化作用の あるセレンも含まれています。
乾燥ハーブ

ドライレモンバームの作り方ともどし方

レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパを原産とする シソ科の多年生ハーブで日本ではコウスイハッカ(香水薄荷) と呼ばれて追います。 芳香があり食べ物や料理の香り付けや、ハーブーとして 用いられるほか、古くから医療にも利用されてきました。
乾燥ハーブ

干しゲンノショウコの作り方ともどし方

ゲンノショウコは下痢や腹痛に効果があると言われ古くから 「医者いらず」と言われドクダミセンブリとともに民間薬と して伝えられてきました。 タンニンが豊富に含まれており抗菌作用や抗炎症作用があり 健胃作用が期待されます。
乾燥ハーブ

干しセンブリの作り方ともどし方

センブリは「良薬は口に苦し」のことば通り非常に苦いのが 特徴です。 センブリの名前の由来は「千回振ってもまだ苦い」という意 味からきておりハーブの中でも最も苦いとも言われています。
乾燥ハーブ

ドライローリエの作り方ともどし方

ローリエには臭みをとる効果の他、血行をよくする効果や鎮痛 効果があると言われています。 乾燥させた商品は手軽に手に入れることができますが生の月桂樹 の葉が手に入ったら乾燥させてみましょう。
乾燥ハーブ

ドライミントの作り方ともどし方

ミント(mint)はシソ科ハッカ属の多年草です。和名はハッカ (薄荷)と呼ばれすっきりした清涼感が特徴です。 その爽快な清涼感からハーブとしてはもちろんガムなどのお菓 子やカクテルなど幅広く利用されています。
タイトルとURLをコピーしました