おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!

昆布漬け

日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。
ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に
入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物
は安全で格別です。

日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜
や果物が手に入ります。
材料の特質を知り是非おいしい自家製漬物にチャレンジ
してみましょう。

 

スポンサーリンク

  蕪の昆布漬けの漬け方

材料
蕪        2本
塩昆布      適量
昆布だしの素   小匙1
ゴマ       大匙1

漬け方
 1 
蕪は葉をカットし洗って水分をふき取り半分に切ってか
ら薄く切りにします。

 2 
おおきめジッパー袋に塩昆布とだしの素、ゴマを入れ混ぜ
ます。

 3 
その中に蕪を入れなじませてから空気を抜きジッパーをか
けて冷蔵庫で一晩寝かせます。

 

スポンサードリンク




 

  蕪の栄養素

・β―カロテン
・アミラーゼ
・ビタミンC
・カリウム
・カルシウム

 

  蕪の栄養効果

蕪にはβ―カロテンが含まれており、老化予防や生
活習慣病の予防、目や髪の健康などを護る働きが期
待されます。
またビタミンCも豊富に含まれており免疫効果を高
めてくれます。

 

  蕪の選び方と保存方法

蕪を選ぶときは葉が緑でしおれてないもの、実につやが
あり傷のないきれいなものを選びましょう。
蕪の保存方法は葉が付いたまま置くと葉のほうがどんど
ん栄養分をすって実がしぼんでしまいます。
買ってきたら葉をすぐにカットし別々にビニールなどに
包み野菜室で保存しましょう。

 

  漬物は栄養価満点の発酵食品

漬物はカサが減ることで生の野菜を多くとることがで
き、発酵食品なので整腸作用があります。

乳酸発酵した漬物はビタミンB1もとれるほか加熱する
ことで失われてしまうビタミンCやミネラルも摂取す
ることができます。

また自家製は無添加なので安心して食べられます。

 

スポンサードリンク



 


こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラスで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できると言われています。ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。
健康茶「ハブ茶の効果・効能」 | 健康習慣
健康茶「ハブ茶」の効能・効果について調べてみました。 ハブ茶葉マメ科の一年草で香りがよく日本では番茶などと 混ぜて飲まれることもありなじみのあるお茶です。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ブロッコリースプラウトの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ブロッコリースプラウトの特徴はブロッコリーと比べてスルフォラファンという物質が豊富に含まれているところで、その含有量の5倍以上ともいわれています。スルフォラファンには活性酸素を除去する働きのある抗酸化作用があり、アンチエイジング効果や、生活
タイトルとURLをコピーしました