おいしくて簡単「オリーブ」の塩漬けを作ってみよう!!

塩漬け

日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。
ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に
入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物
は安全で格別です。

日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜
や果物が手に入ります。
材料の特質を知り是非おいしい自家製漬物にチャレンジ
してみましょう。

 

スポンサーリンク

  オリーブの塩漬けの漬け方

オリーブの塩漬けには苛性ソーダを使用することが多い
ですが劇薬のため躊躇していましたが、別の方法を見つ
けたので作ってみました。

材料
オリーブ       1000g
焼酎         適宜
塩水        (10%位の濃さ)

漬け方
 1 
オリーブの実は焼酎で洗います。

 2 
清潔な瓶にオリーブとブラックペッパー、赤唐辛子、
塩水(10%)を入れ漬け込みます。

 3 
最初の間は汁が真っ黒になるので毎日、塩水を取り
換えます。

 4 
黒くなるのがましになってきたら少し間をあけて取り
替えます。

 5 
最終的には半年以上寝かせます。

 

スポンサードリンク




 

  オリーブに含まれるの栄養成分

・オレイン酸
・ビタミンE
・カルシウム
・ミネラル

 

  オリーブの主な栄養効果・効能

オリーブにはオレイン酸が豊富に含まれており、血中
のコレステロールを下げ血液をサラサラにする効果が
期待されます。
またオリーブには活性酸素を除去する働きのあるビタ
ミンEも豊富に含まれているため、アンチエイジング
効果や生活習慣病の予防に役立つほか目や皮ふや髪に
毛などを健康に維持する働きが期待されます。

 

  オリーブの選び方と保存方法

オリーブは表面に傷などがなくきれいなものを選びまし
ょう。
オリーブの実は塩漬けなど加工してから保存しましょう。
オリーブの実を丁寧に洗って清潔な密閉瓶に入れ エキス
トラブァージンオイルを注ぎ冷蔵庫で保管します。

 

  漬物は栄養価満点の発酵食品

漬物はカサが減ることで生の野菜を多くとることがで
き、発酵食品なので整腸作用があります。

乳酸発酵した漬物はビタミンB1もとれるほか加熱する
ことで失われてしまうビタミンCやミネラルも摂取す
ることができます。

また自家製は無添加なので安心して食べられます。

 

スポンサードリンク



 


こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
“1日1個のリンゴは医者いらず”といった諺があるようにリンゴは栄養価の高い果物で知られています。リンゴの成分であるリンゴポリフェノールには動脈硬化などの原因となる中性脂肪を減らす働きがあると言われています。
ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
健康茶「グァバ茶」の効能・効果とは! | 健康習慣
グァバ茶はジュースとしても人気があり日本でもよく知られている「健康茶」ですがどんな 効能や効果があるのでしょうか?
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ルッコラの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ルッコラにはβ―カロテンやビタミンEが豊富に含まれておりアンチエイジング効果や生活習慣病予防などに効果があるとされています。また免疫効果を高める働きのあるビタミンCも豊富に含まれ風邪予防やや疲労回復効果が期待されます。
タイトルとURLをコピーしました