おいしくて簡単「摘果メロン」の辛子漬けを漬けてみよう!!

その他
Pocket

日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。
ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。
日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。
材料の特質を知り是非おいしい自家製漬物にチャレンジしてみましょう。

摘果メロンとは

摘果メロンは、メロンを育てる段階で実を一つ残して周りのメロンを未熟なまま収穫したものです。
甘みが少なく主にメロン付の材料になります。

 

摘果メロン辛子漬けの作り方

材料
摘果メロン      500g
塩          25g
砂糖         60g
醤油         15cc
唐辛子        2本

作り方
 1 
メロンを洗ってところどころ緑を残しながら皮を剥きます。

 2 
半分に切って縁を切り落とし中味をくりぬきます。

 3 
調味料の材料を混ぜ合わせます。

 4 
厚めのビニールにメロン、調味料と輪切りにした唐辛子を入れを入れも軽く揉み込んでから口を縛り冷蔵庫で2~3日日置きます。

 5 
薄く切っていただきます。

 

スポンサードリンク




 

メロンに含まれるの栄養成分

・β―カロテン
・ビタミンC
・カリウム
・葉酸
・カルシウム

 

メロンの主な栄養効果・効能

メロンにはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、疲労回復や夏バテ防止、風邪予防などにおススメです。
またβ―カロテンも豊富に含まれており体内の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。

その他にもメロンには

● 美肌効果
● 目や粘膜を健康に保つ
● 利尿作用
● むくみ解消
● 呼吸器系保護
● 筋肉の痙攣などを防ぐ

などの効能が期待されています。

 

メロンの選び方と保存方法

メロンはまず、ずっしりと重みがあり、全体の形がきれいなものを選びましょう。
そしてお尻の部分がややへこんでいるものがおすすめです。
メロンはまだかたく熟れてないものは常温で保存し追熟させます。
熟れたものはビニールなどに包野菜室に入れますが日持ちがしないので早めに食べきりましょう。

 

漬物は栄養価満点の発酵食品

漬物はカサが減ることで生の野菜を多くとることができ、発酵食品なので整腸作用があります。

乳酸発酵した漬物はビタミンB1もとれるほか加熱することで失われてしまうビタミンCやミネラルも摂取することができます。
また自家製は無添加なので安心して食べられます。

 

スポンサードリンク




 

 


こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
干しシイタケの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「グァバ茶」の効能・効果とは!
グァバ茶はジュースとしても人気があり日本でもよく知られている「健康茶」の一つですが、どんな効能や効果があるのでしょうか?グァバ茶はふともも科バンジロウ属の亜熱帯性植物で葉と果実が加工され健康茶として飲まれています。  グァバ茶の栄養成分・タ
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ルッコラの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
ハーブ「レモングラス」の淹れ方や、効能、育て方
レモングラスとはレモングラスは南インド、スリランカに自生するイネ科の多年草です。細長いススキや、かやのような葉をつけ、シトラールが含まれているため指で少しこすってみるとレモンのような香りがします。その香りからハーブティーやトムヤムクンやカレ

 

タイトルとURLをコピーしました