おいしくて簡単「ゴボウ」の松前漬けを漬けてみよう!!

つくだ煮
Pocket

日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。
ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に
入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物
は安全で格別です。

日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜
や果物が手に入ります。
材料の特質を知り是非おいしい自家製漬物にチャレンジ
してみましょう。

 

スポンサーリンク

  ゴボウの松前漬けの漬け方

材料
ゴボウ       1/2本
するめ       1枚
昆布        15cm
みりん       大匙2
酒         大匙2
醤油        50cc
水         大匙21

作り方
 1 
するめと昆布はキッチンバサミなどを使って4㎝くらいの
長さに細くカットします。

 2 
ゴボウはささがきにして水にさらします。

 3 
小鍋に日本酒とみりんをいれ火にかけアルコール分を飛
ばします。

 4 
③に醤油と水を加えてひと煮たちさせ火を止めて冷まし
ます。

 5 
容器にうつしするめ、昆布、人参を入れ冷蔵庫で2~3
日寝かせます。

 

スポンサードリンク




 

  ゴボウの主な有効成分

・サポニン
・食物繊維
・炭水化物
・ビタミン類
・葉酸
・ミネラル
・オリゴ

 

  ゴボウの効果・効能

ゴボウの中含まれる、ポリフェノールサポニンに
は優れた抗酸化作用があり細胞の劣化を遅らせ肌
をきれいに保つことでアンチエイジングの効果が
期待できます。

またゴボウには含まれるサポニンには血液を浄化
する作用もあり血液の流れがよくなることで冷え
性の改善にも効果があると言われています。

 

  ゴボウの選び方と保存方法

ごぼうは土がついているほうが長持ちしますので選
ぶときは土付きのもので先まで実がありピンと立つ
ものが新鮮です。
ゴボウの保存方法は土付きのまま新聞紙などにくる
んで常温で保存します。
夏ショウガはジップ袋などに入れ野菜室で保存しま
しょう。

 

  漬物は栄養価満点の発酵食品

漬物はカサが減ることで生の野菜を多くとることがで
き、発酵食品なので整腸作用があります。

乳酸発酵した漬物はビタミンB1もとれるほか加熱する
ことで失われてしまうビタミンCやミネラルも摂取す
ることができます。

また自家製は無添加なので安心して食べられます。

 

スポンサードリンク




こちらの記事もおすすめ

アメリカンチェリージャムの作り方と保存方法
アメリカンチェリーにはポリフェノールの一種であるケルセチンや抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富に含まれておりアンチエイジング効果や眼精疲労、視力の改善などの効能が期待されています。
ハーブティー「ミントティー」の効果・効能
ミント(mint)はユーラシア大陸を原産とするシソ科の多年草で日本ではハッカ(薄荷)と呼ばれています。爽快感のあるミントはガムなどでよく知られています。
ドライレモンの作り方ともどし方
レモンはビタミンCの豊富な果物ですが熱を加えることによって失われてしまいます。そのためドライレモンづくりは熱を加えない天日乾燥がおすすめです。またビタミンCは皮の部分のほうがたくさん含まれています。無農薬のレモンが手に入ったら皮も刻んで干し
健康茶「はと麦茶」の効果・効能 | 健康習慣
美肌に効果の高い健康茶として知られる「はと麦茶」ですが その効果・効能について調べてみました。
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チョークベリーに含まれるポリフェノールの成分であるアントシアニンには老化を防止するアンチエイジング効果が期待されます。またチョークベリーに含まれる抗酸化作用はベリー類の中でも最強と言われています。
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
わさび(山葵)のツーンとくる辛み成分はイソチオシアネートによるもので抗菌作用や覚醒作用があります。またビタミンCも豊富に含まれており、美肌効果や風邪予防などの効果も期待されます。
タイトルとURLをコピーしました