おいしくて簡単「松前漬け」を漬けてみよう!

その他
Pocket

日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。
ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。
日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。
材料の特質を知り是非おいしい自家製漬物にチャレンジしてみましょう。

コンブ(昆布)とは

コンブは、オクロ植物褐藻綱コンブ目コンブ科の海藻の一つです。
日本では北海道が95%を収穫し利尻昆布は有名です。
収穫した昆布は乾燥してから全国に出荷されます。
昆布は佃煮や煮しめなどに調理されるほか、本格的な和出しには欠かせないものです。

 

松前漬けの漬け方

材料
するめ        1枚
人参         1/2本
昆布         15cm
みりん        大匙2
酒          大匙2
醤油         50cc
水          大匙21

作り方
 1 
するめと昆布はキッチンバサミなどを使って4㎝くらいの長さに細くカットします。

 2 
人参は千切りにします。

 3 
小鍋に日本酒とみりんをいれ火にかけアルコール分を飛ばします。

 4 
③に醤油と水を加えてひと煮たちさせ火を止めて冷まします。

 5 
容器にうつしするめ、昆布、人参を入れ冷蔵庫で2~3日寝かせます。

 

スポンサードリンク




 

昆布の栄養素

・海藻ミネラル
・アルギン酸
・ヨウ素
・カルシウム
・カリウム
・バナジウム
・フコイダン
・鉄分
・ビタミン類A

 

昆布の栄養効果

昆布は、コンブ科の海藻で日本人にとって非常になじみが深く和風料理には欠かせない食材です。
ミネラルが豊富で栄養価が高くネバネバ成分のフコイダンやアルギン酸は不要なコレステロールなどを包んで排出するためダイエット効果も期待できます。
またコンブ茶に含まれるヨウ素には甲状腺ホルモンの生成を促す作用があるため頭皮の新陳代謝が活発になることで薄毛の改善が期待されます。

 

昆布の選び方と保存方法

昆布を選ぶ際は褐色色で肉厚でパリッとよく乾燥されたもの、香りのよい物を選びましょう。
昆布の保存は湿気を避けて、瓶など密封できるものに入れておきましょう。

 

漬物は栄養価満点の発酵食品

漬物はカサが減ることで生の野菜を多くとることができ、発酵食品なので整腸作用があります。
乳酸発酵した漬物はビタミンB1もとれるほか加熱することで失われてしまうビタミンCやミネラルも摂取することができます。

また自家製は無添加なので安心して食べられます。

 

スポンサードリンク



 


 


こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。 冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。 冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。きれいな 大根が手に入ったら是非一度チャレンジしてみましょう。
健康茶「ハブ茶の効果・効能」
健康茶「ハブ茶」の効能・効果について調べてみました。ハブ茶葉マメ科の一年草で香りがよく日本では番茶などと混ぜて飲まれることもありなじみのあるお茶です。  ハブ茶の主要成分・クリソファノール・フスチオン・オブツシフェリン・エモジン・アンスロン
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ハックルベリーは、ナス科の植物でブルーベリーを 大きくしたような実がなり食用になります。 ハックルベリーは主に、フレッシュジュースやスープ、 ジャム、キャンディー、パンケーキ、サラダドレッシング などに用いられます。
ブロッコリースプラウトの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
スプラウトとは、穀類や豆類、野菜の種子の発芽したもので ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽です。 新芽野菜のもっとも一般的なのはもやしで、さまざまな料理に 使われています。
ハーブ「マーシュマロウ」の淹れ方、効能、育て方
マーシュマロウとはマーシュマロウはヨーロッパや西アジアを原産とするアオイ科タチアオイ属の多年草でビロードアオイとも呼ばれています。和名はウスベニタチアオイ(薄紅立葵)でティーには全草が利用されますが特に根の部分に薬効があると言われています。
タイトルとURLをコピーしました