干し唐辛子の作り方と美味しい食べ方

乾燥野菜
Pocket

四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによって旨みが凝縮し栄養価も高まる利点もあります。
是非あなたも自家製の干し野菜やドライフルーツをを作ってみませんか?

干し唐辛子


赤唐辛子の乾燥したものは鷹の爪とも呼ばれ様々な料理に利用
され香辛料としては欠かせないものです。
生の赤唐辛子は簡単に乾燥させることができ一年中利用できます。
旬の季節には店頭で簡単に手に入れることができますので家庭で
乾燥させてみましょう。

 

  干し唐辛子の作り方

①枝ごとの唐辛子は葉をきれいに取り除きそのまま軒下や台所な
どにかけて乾燥させます。

②実だけの唐辛子はざるや網などに重ならないように並べて天日
乾燥させます。

③簡単にぱちんと割れるくらい乾燥したら食品用の乾燥剤などと
ともに清潔な瓶やジップロックなどに入れて保存します。
枝付きのものは吊るしたまま取って使ってもいいでしょう。

 

  天日干しのポイントは

◆鳥などにとられないようにする。
甘いものや鳥の好物のものは蓋つきや干し野菜用ネット
に入れて干しましょう。
◆カビに注意。
自然乾燥のもっとも気を付けたいことはカビを防ぐこと
です。
予報などに気を付けてでも天気が続く日を選びます。
雨に濡らさないようにし夜は取り込みましょう。

 

スポンサードリンク




 

  干し唐辛子のもどし方、利用方法

干し唐辛子は戻す必要はありませんが細かく輪切りにしておけば
料理の手間が省けます。

 

  干し唐辛子のレシピ

干し唐辛子入り柚子胡椒の作り方

材料
干し唐辛子      正味10g
乾燥柚子の皮     20g

はじめに
(柚子はきれいに洗って皮をむき千切りにして天日乾燥
しておきます。)

作り方
①赤唐辛子のヘタを取り種をあらかた取り除きます。
②赤唐辛子と柚子の皮をフードプロセッサーにかけ細かく粉砕
します。
清潔な瓶などに保存します。

※うどんなどにかけていただきます。

 

  ペペロンチーノの作り方

材料(2人分)
スパゲッティ   200g
塩        大匙1
オリーブオイル  大匙3
ニンニク     1かけ
干し唐辛子    1本

作り方
①フライパンにオリーブを入れ包丁の背でつぶしたニンニクと
半分に切った干し唐辛子を入れ弱火でじっくりと香りをうつ
していきます。

②お湯をたっぷり沸かし大匙1の塩を入れパスタを表示通り
ゆで上げます。
③ゆで汁を大匙1杯フライパンに入れスパゲッティをざるにあげ
水を切ってフライパンに入れ混ぜ合わせます。
④塩コショウで味を調えます。

 

  干し唐辛子のオリーブオイル漬けの作り方

材料
唐辛子           200g
オリーブオイル       適宜

①干し唐辛子をフライパンで乾煎りします。
②煮沸消毒した瓶に干し唐辛子を入れオリーブオイルを
注ぎます。
③そのまま保存しておきさまざまな料理に利用します。

干し唐辛子の効果・効能

● 食欲増進
● 風邪予防
● 疲労回復
● 老化予防
● 美肌効果
● 髪の健康維持
● 視力維持
などの効能が期待されています。

 

スポンサードリンク



 


こちらの記事もおすすめ

自家製 マルメロ酒の作り方と保存方法
マルメロには疲労回復を助けるビタミンB1や老化や生活習慣病を予防する抗酸化作用のあるビタミンB2やβ―カロテンも豊富に含まれています。その他ミネラルや便秘解消に役立つ植物繊維も含まれており栄養価の高い果物で知られています。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
健康茶「ユキノシタ茶」の効果・効能 | 健康習慣
ユキノシタ茶に使用するユキノシタは北海道以外ほぼ全国で 見られる湿地の岩場などに自生するユキノシタ科の多年草 です。 天婦羅や山菜として食用にされるほか昔から風邪や解毒剤 などの民間薬としても利用されてきました。
チャーテ(ハヤトウリ)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チャーテは高知県独特の呼ぶ名で一般にはハヤトウリと呼ばれています。チャーテにはビタミンCが豊富に含まれているため免疫力の強化美肌効果、風邪予防などの効果が期待されます。カリウムも豊富でむくみ解消などの効果もあります。
梅の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「フキ」のちりめんふりかけを作ってみよう!!
フキは水の多い湿地に多く見られる野菜です豊富な食物繊維が含まれており腸の働きを活発にすることで便秘解消に役立ちます。またフキの葉に含まれるカリウムには利尿作用があり不要なコレステロールなどを排出するため高血圧の予防につながります。
タイトルとURLをコピーしました