干しツワブキの作り方ともどし方

乾燥野菜
Pocket

四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物は乾燥することによって旨みが凝縮し栄養価も高まる利点もあります。
是非あなたも自家製の干し野菜やドライフルーツをを作ってみませんか?

 

ツワブキ(石蕗)は、キク科ツワブキ属の多年草で葉が1年中
枯れない生命力の強い植物です。
フキのような感覚で茎の部分を食用にします。

ツワブキに含まれるヘキセナールという成分には強い抗酸化作
用があります。
ツワブキはあくが強いので干すときは一度茹でてから乾燥させ
ます。

 

  干しツワブキの作り方

①ツワブキは葉を取り洗って皮をむきます。
②鍋にお湯を沸かして塩を入れ7分ほどゆでます。
③粗熱が取れたら水分をふき取りざるなどに並べて天日
乾燥させます。
④からからに乾いたら清潔な瓶などに保存します。

 

  天日干しのポイントは

◆鳥などにとられないようにする。
甘いものや鳥の好物のものは蓋つきや干し野菜用ネット
に入れて干しましょう。
◆カビに注意。
自然乾燥のもっとも気を付けたいことはカビを防ぐこと
です。
予報などに気を付けてでも天気が続く日を選びます。
雨に濡らさないようにし夜は取り込みましょう。

 

スポンサードリンク




  干しツワブキの戻し方

①お水でもどす
お水につけて戻します。

②お湯でもどす
お湯につけて戻します。

 

  干しツワブキのレシピ

干しツワブキの炒め物の作り方

材料(2人分)
乾燥ツワブキ    1把分
さつま揚げ     2枚
砂糖        大匙1
醤油        大匙1
味醂        大匙1
だしの素      小匙1

作り方
①もどしたツワブキは水分をふき取り4㎝くらいの長さに
切ります。
②さつま揚げは短冊切りにします。
③フライパンに油をひきさつま揚げツワブキを炒めます。
④調味料を入れほとんど煮汁がなくなるまで煮含めます。

 

干しツワブキの佃煮の作り方

材料(2人分)
乾燥ツワブキ    300g
醤油        大匙2
味醂        大匙2
酒         大匙2
蜂蜜        大匙1
鷹の爪       1本
昆布5cm角      1枚
水         100cc

作り方
①もどしたツワブキは4センチくらいに切ります。
②昆布は細く切ります。
③鍋に調味料を沸かしツワブキと昆布、鷹の爪を入れ
煮詰めます。

  干しツワブキの効果・効能

● アンチエイジング効果
● 便秘解消
● 健胃作用
● 下痢改善
● 整腸作用
● 抗菌作用
などの効能が期待されています。

 


 

こちらの記事もおすすめ

自家製 マルメロ酒の作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物を果樹酒にすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心していただくことができます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
健康茶「ユキノシタ茶」の効果・効能
ユキノシタ茶 に使用するユキノシタは北海道以外ほぼ全国で見られる湿地の岩場などに自生するユキノシタ科の多年草です。天婦羅や山菜として食用にされるほか昔から風邪や解毒剤などの民間薬としても利用されてきました。  ユキノシタ茶の主な有効成分・塩
チャーテ(ハヤトウリ)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
梅の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「フキ」のちりめんふりかけを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料

 

スポンサードリンク



タイトルとURLをコピーしました