干ししめじの作り方ともどし方

乾燥野菜
Pocket

四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによって旨みが凝縮し栄養価も高まる利点もあります。
是非あなたも自家製の干し野菜やドライフルーツをを作ってみませんか?

 

秋の味覚しめじは美味しくて安価で主婦の味方のキノコですが
冷蔵庫に入れておいてもカビが発生したり保存が難しいので
大量にあるときは天日干しにしましょう。
太陽の恵みをたっぷり受けたしめじはビタミンDも豊富になり
ます。

 

  干ししめじの作り方

①生のしめじは石づきをとりバラバラに外します。

②ざるなどに並べて天日乾燥させます。

③裏返したりしながら両面じっくり乾燥させます。

④からからに乾いたら清潔な瓶などに保存します。

 

  天日干しのポイントは

◆鳥などにとられないようにする。
甘いものや鳥の好物のものは蓋つきや干し野菜用ネット
に入れて干しましょう。
◆カビに注意。
自然乾燥のもっとも気を付けたいことはカビを防ぐこと
です。
予報などに気を付けてでも天気が続く日を選びます。
雨に濡らさないようにし夜は取り込みましょう。

 

スポンサードリンク




 

  干ししめじのもどし方

乾燥しめじはボールに入れ水をたっぷり入れて戻します。

 

  干ししめじのレシピ

 

干ししめじの炊き込みご飯の作り方

材料(2~3人分)
米           2合
干ししめじ       30g
人参          2㎝

水           200cc
酒           大匙1
味醂          大匙1
醤油          大匙1
だしの素         小匙1

水    適宜
細ネギ         1本

作り方
①戻したしめじと人参は食べやすい大きさに切りねぎは小口切りに
します。
②小鍋に水、酒、味醂、醤油、だしの素、しめじ、人参を入れて火
にかけます。
沸騰したら火を弱め5分ほど煮込み火を止めてそのまま置きます。
④米を洗って炊飯器に入れしめじと分量の水を入れ炊き上げます。
⑤ねぎを混ぜ合わせお茶碗に盛ります。

 

しめじとわかめの味噌汁の作り方

材料(2人分)
干ししめじ      50g
わかめ        10g
味噌         大匙3
細ネギ        1/2

作り方
①乾燥しめじは洗ってから小鍋に入れ400㏄の水を入れて
そのまましばらく置いてもどします。
②鍋を火にかけしめじに火が通ったらワカメと味噌を入れます。

 

干しシメジと野菜のかき揚げの作り方

材料(2人分)
干しシメジ    10g
人参       5㎝
さやいんげん   2~3本
玉葱       1/2コ

天ぷら粉
水        適宜

作り方
①干しシメジはお湯で30分戻します。
②人参は千切りにし玉ねぎはスライスします。
③さやいんげんは斜め切りにします。
④天ぷら粉を水で溶き具材を入れてさっくり混ぜます
⑤180度の油にお玉で静かに落としてこんがり揚げます。

 

  干ししめじの効果・効能

● 便秘解消
● 骨粗しょう症予防
● 歯を健康に保つ
● ダイエット効果
● 免疫力アップ
● 生活習慣病予防
などの効能が期待されています。

 

スポンサードリンク



 


 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラスで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できると言われています。ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「マジョラム茶」の効果・効能
マジョラムティーとして味わうマジュラムとはシソ科の多年草で初夏に白く小さな花をつけます。オレガノと属性が同じで和名はマヨラナと呼ばれています。
よもぎは独特な香りと清涼感が特徴の日本のハーブ。その驚くべき効能とは? | 健康習慣
手軽に手に入りその独特な香りと清涼感、風味で古くから 愛され、親しまれてきたよもぎ その驚くべき効果をもっと知り生活の中に取り入れて いきませんか?
赤唐辛子の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
赤唐辛子の辛みはカプサイシンという成分によるものです。この辛み成分には食欲増進効果や発汗作用があります。唐辛子にはβ―カロテンも豊富に含まれておりアンチエイジング効果や風邪予防に役立ちます。
カシューナッツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「山芋」のたまり漬けを作ってみよう!!
山芋は漢方薬などにも使われており昔から疲労回復や滋養強壮に良いとされてきました。また山芋に含まれるディオスゲニンという成分には老化を抑えるこうかもあるといわれています。
タイトルとURLをコピーしました