おいしくて簡単「ミョウガの糠漬け」を漬けてみよう!!

ぬか漬け・粕漬け
Pocket

日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。
ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に
入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物
は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜
や果物が手に入ります。
材料の特質を知り是非おいしい自家製漬物にチャレンジ
してみましょう。

ミョウガ(茗荷)とは

ミョウガは、東アジが原産のショウガ科ショウガ属の多年草
で花穂、若芽の茎が食用とされます。
食べすぎると物忘れがひどくなるという言い伝えがありますが
学術的には根拠がないといわれています。
独特の芳香があり、ひややっこのトッピングやあえ物などに
利用されます。

 

  ぬか漬けの作り方

基本の糠床

材料
米ぬか            500g
食塩             150g
水              500cc
だし昆布           5㎝
野菜クズ           適量
鷹の爪           適量

作り方
 1 
水と食塩を混ぜ合わせます。

 2 
ぬかに食塩水を少しづつ入れながら耳たぶくらいになる
まで混ざ合わせていきます。

 3 
混ぜ合わせたぬかの中に野菜のくずとだし昆布、鷹の爪
を入れます。

 4 
毎日1回空気を入れるように混ぜ合わせていき、水分が出
てきたらペーパーなどですわせ野菜くずを取り換えていき
ます。

 

スポンサードリンク




 

  ミョウガの糠漬けの作り方

茗荷(ミョウガ)
ぬか床
あら塩

 1 
ぬか床ができたら野菜くずを除いて茗荷を漬けてみまし
ょう。

 2 
茗荷にあら塩をまぶしもむようにこすりつけます。

 3 
ぬか床に入れ上からぬかをかけます。

 4 
1日~2日おいてから取り出しぬかを落として適当な大き
さに切ります。

 

  ミョウガの成分

・カリウム
・β―カロテン
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・葉酸
・ミネラル

 

  ミョウガの栄養効果

ミョウガ(冥加)には独特の香りがありますがこれは
に含まれるの栄養成分アルファピネンという成分によ
るもので循環機能を助ける働きがあり女性特有の生理
不順や更年期障害などに効果があると言われてます。

 

  ミョウガの選び方と保存方法

ミョウガを選ぶ際は花が咲く前に収穫したものでつやや
かでふっくらとした物を選びます。
ミョウガの保存方法は乾燥すると葉がぱさぱさになって
しまいますのでジップ袋などに袋などに入れ野菜室で保
存します。
香りが命ですのでぬけないうちに早めに食べきりましょう。

 

  漬物は栄養価満点の発酵食品

漬物はカサが減ることで生の野菜を多くとることがで
き、発酵食品なので整腸作用があります。

乳酸発酵した漬物はビタミンB1もとれるほか加熱する
ことで失われてしまうビタミンCやミネラルも摂取す
ることができます。

また自家製は無添加なので安心して食べられます。

 

スポンサードリンク



 

 

 

こちらの記事もおすすめ

アメリカンチェリージャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「ミントティー」の効果・効能
ミント(mint)はユーラシア大陸を原産とするシソ科の多年草で日本ではハッカ(薄荷)と呼ばれています。爽快感のあるミントはガムなどでよく知られています。  ミントティーの主な有効成分・ミントポリフェノール・メントール・メントン・ルテオリン・
ドライレモンの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「はと麦茶」の効果・効能
美肌に効果の高い健康茶として知られるはと麦茶ですがその効果・効能について調べてみました。はと麦はいね科の植物で数珠だまのような実をつけます9月~10月頃に刈り取り、種子を乾燥させてから焙煎します。  はと麦茶の主な有効成分・コイクセノリド・
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
タイトルとURLをコピーしました