おいしくて簡単「らっきょう」の甘酢漬を作ってみよう!!

酢漬け
Pocket

日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。
ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。
日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。
材料の特質を知り是非おいしい自家製漬物にチャレンジしてみましょう。

ラッキョウ(辣韮)とは

ラッキョウは、中国、ヒマラヤ地方を原産とするネギ属の多年草です。
肥大した根の部分が食用になります。
独特の強い香りと味があり、主に酢漬けにされて香辛料の一つとしてカレーなどに添えられます。

 

らっきょうの甘酢漬

 

材料
らっきょう        1kg
塩            大匙3
鷹の爪          3本
米酢           400cc
砂糖               250g

け方
 1 
らっきょうはひげ部分を切り落とし薄皮を剥いて水を吸わないよう手早く水洗いしざるにあげます。

 2 
らっきょうに塩をまぶしてそのまま半日おきます。

 3 
らっきょうをさっと洗ってざるにあげざるにあげ乾かします。

 4 
熱湯消毒済の酸に強い耐熱容器ににらっきょうをいれます。

 5 
鍋に調味料と鷹の爪を入れ沸いたら火を止め②の瓶に注ぎます。

 6 
直射日光の当たらないところに保存し3週間ごろからが食べごろです。

 

スポンサードリンク




 

らっきょうに含まれるの栄養成分

・食物繊維
・サポニン
・アリシン
・ナイアシン
・葉酸
・ミネラル

 

らっきょうの栄養効果

らっきょうには食物繊維が非常に多く含まれているため腸内環境を改善する働きがあり便秘解消や美肌効果、むくみ予防に効果的です。
またアリシンも豊富に含まれており免疫力を高める効果が期待されます。

 

らっきょうの選び方と保存方法

らっきょうを選ぶ際は固くて膨らみがあり粒のそろっているものら、青い芽の出ていないものを選びましょう。
らっきょうは成長が早くすぐに目が出てしまいます。
買ってきたらすぐに調理しましょう。

 

漬物は栄養価満点の発酵食品

漬物はカサが減ることで生の野菜を多くとることができ、発酵食品なので整腸作用があります。

乳酸発酵した漬物はビタミンB1もとれるほか加熱することで失われてしまうビタミンCやミネラルも摂取することができます。
また自家製は無添加なので安心して食べられます。

 

スポンサードリンク



 

 


こちらの記事もおすすめ

自家製 かりん酒の作り方と保存方法
花梨(カリン)は、中国を原産とするバラ科のひとつ落葉高 木になる果実です。 果実は10~11月頃に収穫され綿状の毛におおわれており独特 の芳香が特徴でジャムやカリン酒などに加工されます。
干しごぼうの作り方ともどし方
ゴボウは日本ではなじみのある野菜で栄養価も高くきんぴら ごぼうやてんぷら、煮物など幅広く利用されています。 ゴボウは独特の香りが特徴ですが乾燥することによってさら 旨みと栄養価も高まります。
健康茶「アロエ茶」の効果・効能、淹れ方や注意点
アロエはユリ科 多年草で繁殖力が非常に強く、一般家庭でもインテリアとして、薬草として幅広く栽培され、古くから薬用がある民間薬として親しまれてきました。
洋梨の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
洋ナシ(西洋梨)は、ヨーロッパ原産のバラ科ナシ属の 植物で果実が食用になります。 日本のなしに比べて洋ナシはひょうたんのような形をしており シャリシャリ感はなく芳醇な甘さがあります。 生食されるほか、洋菓子などに加工されます。 品種はたくさんありますが日本で食べられているのは ラ・フランスが主流です。
ふきのとうの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
フキはキク科フキ属の多年草で、その花茎をフキノトウ と言います。 フキノトウは春を呼ぶ山菜としてよく知られています。 蕾の状態で採取されたふきのとうは香りがよくてんぷらや 佃煮として食されています。
ハーブ「赤ブドウの葉」の淹れ方、効能、育て方
赤ブドウとは赤ぶどうは、ヨーロッパ、地中海などを原産とするブドウ科 ブドウ属のつる性落葉低木で英名 CommonGrape(コモン・グレープ)と呼ばれています。成分のアントシアニンには強い抗酸化があり目の健康やアンチイジングに良いということ
タイトルとURLをコピーしました